想いから始まる開発ものがたり|化粧水編

想いから始まる開発ものがたり|化粧水編

2019.05.27

あきらめず改良を重ねた
ふたつの化粧水のはなし

ドゥーオーガニックには、2008年にファーストラインナップとして発表された「エクストラクト ローション モイスト <化粧水>」と、そこから発展した「エクストラクト ローション リペア N <化粧水>」という2種類の化粧水があります。今は、どちらもリピーターの多い看板アイテムに成長しましたが、ここまで親しまれるようになるまでには、ドゥーオーガニックの製品開発の中で最も長い年月をかけた改良の日々がありました。

妥協することなく取り組んだ調査と研究の日々

エクストラクト ローション モイスト <化粧水>

化粧水を開発するにあたって、まず苦戦したのは、オーガニック認証という壁でした。世界的な認証として知られる「エコサート」には、素材選び、作り方、ボトル選びにいたるまで、すべてに厳しい規定が存在します。それらを満し、認証を得た本物のオーガニックのスキンケアアイテム作りの難しさは、当時、まだ国内での前例がほとんどなかったほどです。
しかし、ドゥーオーガニックは、決して諦めることなく、日々のたゆまぬ研究によってトライアンドエラーを繰り返すことで、一歩一歩、着実に前に進むことができました。

そして、素材選びでは、日本に根付いた地産地消食材というところから深く広くリサーチすることで、合鴨農法で育てられた有機玄米と黒大豆に出会うことができました。日本で古くから親しまれているこれらの美容食材から、独自の穀物保湿成分*1を生み出せたことは、ドゥーオーガニックにとって大きな一歩だと言えます。

お客さまの声で気づいた「肌実感」の大切さ

厳しいオーガニック認証を満たす化粧水として完成し、販売を開始したものの、売れ行きはいまいち……。どうにかしてこの製品の良さを伝えようと、取り扱い店舗で開発者自らお客様に接してみると、私たちがオーガニックにこだわりすぎるあまり、見落としていた大切なことが見えてきたのです。それは、多くのお客様が化粧水を買うときに、オーガニックであることに加えて「浸透感」や「肌実感」も重要視しているということ。そして、「美しくなれるかどうか」ということを選ぶ基準にしているということでした。

というのも、当時の「エクストラクト ローション <化粧水>」は、美容成分はたっぷりと入っているものの、今よりもサラッとしていて、肌にのせてもすぐに馴染む感覚には乏しいものでした。感触まで満足できるものではなかったことを、日本女性の厳しい眼は見逃さなかったのです。

「オーガニックであっても、女性のみなさんが肌実感として満足できるものを」

私たちは、あらためてこう目標を掲げ直し、オーガニック基準を保ったまま、浸透感を上げるための改良をスタートしました。しかし、これは最初の開発よりも難易度の高いこと。使えるオーガニック成分を調べ直し、相応しいかどうかを見極めるのは、本当に根気のいる作業でした。そして、ようやく肌馴染みをよくする成分に辿り着き、細かな処方の調整を行うことで、やわらかなとろみがありながらもスッと肌に馴染む現在のテクスチャーを実現することができたのです。細かい改良を重ね続け、現在の「エクストラクト ローション モイスト <化粧水>」が完成したのは2014年のこと。一度完成してもそこで満足せず、お客様に実感していただけるものを追求し続けた結果、ブランドのデビューから5年という時間がかかりましたが、美容誌でのベストコスメを獲得し、評価を得ることができました

季節の肌悩みから生まれたもうひとつの化粧水

「エクストラクト ローション モイスト <化粧水>」に端を発した私たちの探求はまだまだ続きました。

「もっと女性たちの肌の美しさを引き出すには、どんなものがあったらいいだろう」

そんな想いでニーズを探り、発想を膨らませる中で着目したのが、春夏の強い紫外線。そして、日やけのダメージによって赤みやごわつきが起きがちな春夏の肌をやさしくケアできるような商品を目指して開発がスタートしたのが、「エクストラクト ローション リペア N <化粧水>」でした。

エクストラクト ローション リペア N <化粧水>

春夏の肌悩みをケアすることができる植物素材を考え、辿り着いたのが身体を冷ます夏野菜としてよく知られるキュウリのエキス*2でした。そこに、高山植物のヤナギラン*3や肌あれをケアする甘草根由来エキス*4を加え、紫外線を浴びて乾燥したごわつき肌にも馴染む軽やかなテクスチャーに仕上げました。そして、夏の〝打ち水〟のようにさっと素早く保湿できるように、スプレータイプで発売したのです。

スプレータイプは手軽に片手で使用できることもあって好評を得ていましたが、使用実験を重ねると、ボトルタイプの方が真の良さを発揮するということがわかってきました。スプレータイプを愛用くださっている方も多かったのですが、より効果を感じていただきたいという想いから、思い切って2018年にボトルをリニューアルしました。すると、その狙いは、実感としてお客様にきちんと届き、「エクストラクト ローション モイスト <化粧水>」と同様、人気商品に成長することができました。みずみずしさや生命力を感じさせるブルーのボトルも好評をいただいています。

do organic 化粧水

化粧水は、スキンケアの順番の中で最初に使うものなので、肌への反応もダイレクト。また、基礎化粧品の中で最も多く使われるアイテムなので、お客さまの目もより厳しくなります。だからこそ、私たちは妥協することなく、時に繊細に、時に大胆に、追究し続けました。気持ちよく使い続けていただけるように、開発者が自分の肌で浸透力や伸びなどを細かく確認して完成させ、安心して使っていただけるように、安全試験であるパッチテストも実施しています。
ここまで時間をかけて改良を続けてきたのは、オーガニックでありながら「肌実感」を第一に考えてきたから。使い心地がいいから使う、気持ちがいいから使う。その先に、地球環境への配慮が繋がっているのです。

*1 加水分解コメヌカエキス・加水分解コメエキス・豆乳発酵液(保湿成分)
*2 キュウリ果実エキス(保湿成分)
*3 エピロビウムフレイスケリエキス(保湿成分)
*4 グリチルリチン酸2K(保湿成分)

エクストラクト ローション モイスト <化粧水>

エクストラクト ローション モイスト <化粧水>
豊潤なうるおいで肌を満たす高保湿化粧水 [120mL]
商品詳細はこちら

エクストラクト ローション リペア N <化粧水>

エクストラクト ローション リペア N <化粧水>
ゆらぐ渇きを鎮める整肌化粧水 [120mL]
商品詳細はこちら