女性のライフイベントに合わせて、寄り添えるブランドになりたい・石井リナさん<後編>

女性のライフイベントに合わせて、寄り添えるブランドになりたい・石井リナさん<後編>

2022.01.07

第62回目も、引き続き石井リナさんにお話を伺います。起業家としても1人の女性としても注目を集め、若い女性を中心に支持を得ている石井さん。石井さんご自身が影響を受けている人やモノ、またライフスタイルやドゥーオーガニックの印象に残った商品などについても伺いました。

ドラマ『SEX AND THE CITY』は人生のバイブル

ー 起業家としても1人の女性としても注目を集めている石井さんに影響を受けている方も多いと思います。石井さんご自身はどのようなことに影響を受けていますか?

動画配信サービス『Netflix』をよく利用していて、さまざまな作品を観ています。ここから私自身がアップデートされることが多いんです。作品であればアメリカのドラマ『SEX AND THE CITY』や、人であればシンガーソングライターのビヨンセやマドンナ、女優のエマ・ワトソンなど、海外のアーティストやアクティビストに影響を受けていると思います。

とくに、『SEX AND THE CITY』は若いときに観ておいてよかったと思います。今観ても考えさせられたり背中を押されたりすることが多く、10年以上前にああいう作品はなかったし、今でもあんなに衝撃を受ける作品は少ないと思います。30代、40代の女性たちが子供を持たなくても幸せに暮らしていたり、一方で子供を切望する女性もいたり。いろいろな女性たちの価値観の多様さも包括していましたよね。女性たちが、セックスについてあんなにオープンに話していいんだとか、男性から選ばれるのではなく自分たちが選ぶとか。どのシーンをとっても衝撃で、そこに憧れや羨ましさを感じていました。

ー 今観ても、色褪せないですよね。多忙な毎日かと思いますが、普段どんな生活を送っていますか?心がけていることなどがあれば教えてください。

平日は、ほとんどオフィスと自宅の往復です。ここ1年くらい体の不調が続いていたのですが、その原因がわかり、今は食事をコントロールしているので、外食もなかなかできなくて。小麦や乳製品、卵などのアレルギーに加えて、発酵食品も食べられない状態。和食が食べられずかなり世界が変わりました。私は料理が苦手なので夫が作ってくれてとても助かっています。

自然へ出かけたり、愛猫に癒されたり。自分を整える大切な時間

ー 生活しづらい状況かと思いますが、石井さんが自分に戻れる、リセットしてくれるような時間や場所はありますか?

コロナ禍でなかなか好きなように動きづらいですが、旅行が好きなので可能な範囲で出かけてリフレッシュしています。疲れを感じたら、自然のあるところへ。山や草原へ行って、ぼーっと景色を眺める時間が、自分を戻してくれる時間や場所になっていると思います。あと、自宅で飼っている猫を愛でながら、『Netflix』でいろいろな作品を観ること。のんびり過ごすことも好きで、自分を整えてくれる大切な時間です。

ー 保護猫を引き取られたそうですね。かわいい猫たちをインスタグラムでも拝見しました。

もともと動物が得意ではなかったので、動物を飼いたいという気持ちはあまり強くなかったのですが、夫は動物が大好きで。その気持ちに押されて譲渡会に行ったら、すごくかわいくて。今ではご縁があり、2匹飼うことに。友人から「猫を飼うと人生が変わるよ」と言われていたのですが、本当でした(笑)。私はルーティンが苦手で決まったタイミングで何かすることや継続することが苦手だったのですが、毎月はじめにきちんと猫のトイレを掃除している自分に驚いています。猫の力ってすごいですね。今ではなくてはならない大切な存在です。あと2匹くらい引き取ってもいいね、なんて夫と話しています。

ー 楽しそうな暮らしが想像できますね。石井さんは普段のスキンケアや化粧品を選ぶときの基準を教えてください。

スキンケアは、化粧水、乳液、パックなどシンプルです。大雑把な性格でズボラなので、なるべくステップを減らしたくて。あとは敏感肌で混合肌という厄介な肌質なので、化粧品は肌に合うかが一番です。信頼できる美容に詳しい友人におすすめを聞いて、肌に合うかどうか必ず試します。

使う側の気持ちに寄り添った、ものづくりやこだわりに共感

ー ドゥーオーガニックの印象に残った商品について教えてください。

ウォッシング ムースは、とても印象的でした。リピートしたいくらい気に入っています。洗い上がりの肌も満足。とにかく泡がモチモチで、顔に乗せると包まれているようですごく気持ちがいいんです。泡の持ちがいいのは、はちみつを配合しているおかげなのですね。使うたびに本当に気持ちがいいなと感じています。使っていて、リフレッシュもできるし、楽しくなる。気持ち良すぎて、ついついたくさん泡を出しちゃいます。

開発に4年近くかかったと聞いて、驚きました。私もものづくりをしているので、開発のお話を聞くと本当に大変だなと思うことがたくさんあるんですけど、この気持ちいい泡がそんな人たちの努力の結果によって生まれたと思うと、使っていても感じ方が違う気がします。大事に使い続けたいなと思いますね。

エクストラクト ローション モイストも、肌に合うなと感じました。乾燥肌でもあるのですが、しっかり潤してくれます。優しくていい香りなのも好きな理由。顔に使う化粧品は鼻に近いので香りが好みでないと、使用感が良くても遠のいてしまうんです。これは毎日使っても嫌じゃない。化粧品選びでは、香りも重要ですよね。

同じく香りが好きなアイテムが、アロマ ソルト フォー エナジー。3種類ありますが、このちょっとスパイシーで柑橘系の香りが一番好きです。商品名にエナジーとついているだけあって、気持ちを元気にしてくれるような香りだと思いますが、私はすごくリラックスできるんです。サイズ感もちょうどよくてギフトにもいいですよね。

ー ありがとうございます。今回のインタビューを通じて、ドゥーオーガニックに対して感じたことや共感できることはありますか?

商品づくりでも、使う側の気持ちに寄り添いながら何度もアップデートしているという点も共感できました。化粧水は第5弾ということで驚きました。私たちも、吸水ショーツの機能性のアップデートについては日々向き合っていて、今年の3月に吸水力がアップしたんですが、もっとよくできないかというところに日々向き合っているところです。どこまでみなさんが求めているものを作れるかいつも天秤だなと思います。想像できてないところがあるんじゃないかとか、裏にはどんな悩みがあるんだろうとか、もしかしたらこっちの方がいいかもしれないとか。なので、ドゥーオーガニックのものづくりへの想いについても、うなずけることが多いです。

またこのコラムでも、自分らしく輝く女性たちのインタビューが多くあり、彼女たちの活動や仕事を通して、肩の力を抜いて自分らしく生きることを肯定しているように感じとても共感が持てました。

女性のライフイベントに合わせて、寄り添うブランドになっていきたい

ー 最後に、今後チャレンジしたいことや展望などについて教えてください。

私たちも真摯にものづくりに取り組んでいて、国外に持っていっても恥ずかしくない、クオリティの高い商品を生み出せていると自負しているので、3年以内には海外のマーケットにも広げていくことも目指しています。そして、もっと女性のライフイベントに合わせて寄り添うブランドになりたいと思っています。

あとは、プライベートなことですが子育てです。まだ妊活もしてないのですが、パートナーとともに子供を持つ選択をしたいなと思っています。自分で出産する方法以外にも、里親や養子縁組も視野に入れています。結婚前からそう話していました。彼は、自然妊娠で子どもを持てたとしても、里親や養子縁組はしたいという気持ちがあるようです。自分たちの経済力が許す限り、寄り添える子どもたちがいれば寄り添い支えたい。私にたちにできることがあるなら、という考えを持っています。

photos by yoshimi
   edit&text by Hitomi Takano

石井リナさん

石井リナさん
(いしい・りな)
2018年に起業し、BLAST Inc.を創業。エンパワーメントメディア『BLAST』とフェムテックブランド〈Nagi〉を立ち上げ、運営を行う。2019年に日本を代表するビジョンや才能を持った30歳未満の30人を表彰する「Forbes 30 Under 30」インフルエンサー部門を受賞。
https://nagi-jp.com/